水月通信

趣味道楽に勤しむ水月夢名(みづきむな)が発信する通信。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう

最近、本を購入する時はセブンイレブンの「セブンドットアイ」を使用する事ばかり。

①カード支払いじゃなく、セブンイレブンの店頭で支払える
②一番近いセブンイレブンで受け取れる。
③24時間営業なので、いつでも取りにいける
④作家買い(好きな作家の本なら、内容を確認するまでもなく購入するお馬鹿の事)するので、内容を確認出来なくても支障なし。

以上の理由で、本屋へ行く事よりネットで買ってしまう。本屋には申し訳ない事を。

で、昨日、到着した本を取りに寄った。
渡されたのは、段ボール。袋じゃないんだ。
家へ帰って開けると、以上の数。

J0010004.jpg


①ジャム食本(福田里香)
この人のお菓子本は、見てて可愛い。作れないけど。
②ぽんカレーGOLD(黒沢薫)
ゴスペラーズのメンバー・黒沢薫が出した、カレーに関する本。本職は歌手のはずなのに、カレーのレシピから、全国のお店紹介(ツアーの合間に回ってるらしい)まで。カレーに人生を捧げた歌手の本(笑)。

③極上夜景ホテル(百々もとお)
「夜景を一番綺麗に見るために、どのホテルのどの部屋を取ったらよいか」という趣旨で紹介されるホテルの本。夜景愛好家の著者である彼の細かい視点は、すごい。

④「恋的伝言」(雑誌)
知り合いが掲載してるという事なので、買ってみた。…レジで買うには少し照れる本なんで、ネット万歳(笑)。

⑤黄昏という名の惨劇(太田忠司)
⑥ミステリなふたり(太田忠司)
共に作家買いの本。この人の書くミステリーは優しく悲しい。一般的な意味の「ミステリー小説」というには甘いのかも知れないが、それでも良いと思う。

⑦岳飛伝一巻(田中芳樹:訳)
中国本土では三国志よりも読まれているらしい。中国文学を愛してやまない田中芳樹の手で、初(?)の翻訳化。
…でも中国文学が苦手な私は、できるなら他のシリーズも文庫化して欲しいなあ、と思ってみたり。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

水月夢名(みづきむな)

Author:水月夢名(みづきむな)
サークル:watermoon
水月夢名の同人情報の
発信基地になりつつあります。
最近一番ホットなのは
嵐の五人です。
連絡先
munamiduki☆yahoo.co.jp
(☆→@)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。