水月通信

趣味道楽に勤しむ水月夢名(みづきむな)が発信する通信。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改め、ライジンナイト2011夏

でしょ、これは。
という8月20日でした。
本当に楽しかったです。

サンライズの往年の名作(最近のもありますが)を
一ヶ月かけてレイト&オールナイトで劇場上映するこの企画!
そのラインナップに、我らがライジンオーが登場ですよ!
聞いた瞬間、「絶対行く!」と決めてました。
開始が20日土曜の21時半で終了が翌朝5時半という、
いささか不安あるスケジュールでしたが(笑)。

こっから箇条書で失礼します。
・仕事が押しそうで最初からの参加はまじ無理
・と思ったら、優しい同僚&上司皆様が時間通りに上げてくれた!
・このお礼は今後に!
・晩御飯は食べる時間は取れなかったけど、
開始までひたっすらそわそわ!
・劇場につくとそこかしこに知った顔が。
・なんか気分は同窓会。
・始まる前に何と!
・オセッカイザーが参上!
・おおいなる高笑いと、相変わらずのおせっかいぶりに会場大爆笑。
・席を探している人を案内するとその人の膝上に座るという。
・今なら「KY」って言われるよ(笑)。
・その後のトークショーで、園田先生の息が切れてたのは。
・大人同士の内緒のひみつ♪
・そのトークショーは、何となんと!
・仁役松本梨香さん、吼児役まるたまりさん、脚本園田英樹さん!
・キャラ設定を細かく決める前にEDを収録してた、やら
・表の主役は仁だけど、裏の主役は吼児だよね、やら
・暴走する仁を吼児が止める関係性は
・梨香さんとまるたさんの関係性まんまだったとは!
・ていうか。
・司会の方を吹っ飛ばしてしまう勢いで喋り続ける松本梨香さん。
・その姿は、テレビの仁が飛び出したままで、私の梨香さん像が崩壊したり(笑)。
・何度まるたさんに「話聞いてあげてー!」って叫ばれたか(笑)。
・「仁はオレに似てる」と初暴露した園田先生は、じつにけろっと、
その所業を見てました。
・園田先生曰く、仁・飛鳥・吼児は、それぞれ自分に似てる所があるそう。
・また、18人もいるクラスメイトは先生の家族親戚がモデルだそう。
・何年か前に実家へお邪魔した梨香さんが
「篠田先生は、体育教師をやってる弟さんにそっくり!」と後押し。
・途中で何となんとのサプライズ!
1002.jpg
・色紙を描いて下さった竹内・やまだ両先生がいらっしゃると!
・更にこの色紙をプレゼントすると!
・ついでにポスター
1001.jpg
1003.jpg
も三枚プレゼントすると!
・どよめく会場。
・じゃんけんで絞っていき、最後は勝利者同士で決定するシステムでしたが。
・色紙の時は五人になり、その五人が壇上に上がり(そん中に友人が居て驚いた)
・我らが松本梨香さん「四人は色紙で、最後の一人はハグする!」と!
・正直「色紙よりハグされてえ!」と叫んだ、心の中で。
・壇上に上がった友人が、ハグされてましてすごい幸せでした。
・暴走激しい梨香さんにまるたさん「縛って下さい!」
・最強の発言でした(笑)。
・最後は梨香さん&まるたさんと「ドリームシフト」と「地球防衛組応援歌」を合唱!
・何か…、二十年間ファンでいてよかった。
この場所に居られて良かった。
・心の底から沸きあがる喜びを、必死に噛み締めてました。

・ちなみに司会の方から
「梨香さんの暴走でトークショー時間が大幅に押しました」
というお褒めのお言葉を頂いてました。

・押した上映会ですが、
・一話OPが始まった時、会場皆で手拍子をして歌いました。
・面白かった所では、そこかしこから笑い声が起こり、とっても一体感。
・笑い声が起こる場所は、不思議と飛鳥君の所が多かった(笑)。
・おっかしいなあ、彼二枚目でしょ?
・長いので何度か休憩が入る。
・最後の休憩で、何と二度目のオセッカイザー参上!
・丁度36話の後だったので、スクリーンから飛び出したよう(笑)!
・オセッカイザーのおせっかいにより、皆で身体を動かして眠気と吹っ飛ばす事に。
・前代未聞、座席を真ん中から分け、中心に向かって歩く、という。
・狭い座席ですれ違うという荒行にチャレンジ!
・すれ違う際、初対面にも関わらず、双方「どーも」「あ、ども」「すいませーん」
・同士感からか、すっごい雰囲気がアットホームで泣きそう。
・50話なんて、当時ビデオなくてカセットに録音してたのを聞いてた為か。
・やったらと脳内で彼らの声が響くんですよね
・ストーリーがっちり刷りこまれてるんですよ。
・そして最後51話。
・ドリームシフトでまたも手拍子。
・全ての上映が終わった時、大きな達成感に会場は包まれてました。

で。アフター。
・長い友人計6名でひたすら語る。
・朝6時の新宿って、以外と店空いてない事に衝撃(笑)。
・雨の中、店を探すのに彷徨っておりました。
・ちょっとレトロな喫茶店で二時間コース。
・ライジンオーって分かりやすい「萌え」がない所が良かったね。
・大人になっても響く物が多いよね。
・すっかり長官や先生の目線で見るようになって、大人になったわ。
・といった関係した話やしてない話で盛り上がりました。

まあ、語るとざっとこんな物です。
「絶対無敵ライジンオー」って。あまりに普通に見てたのですが、
非常に素敵な作品でした、と改めて実感しました。
ただ放映当時中学三年生、現在34歳。
視点がすごい変わってて。
当時は無条件に吼児君視点だったのに、
今見ると、篠田先生や長官やルゼブ様になってる!
特に、50話でタイダーを見るゼルゼブ様の寂しそうな視線。
51話であえて三人にジャークドリームを見せた絶望感。
そういうのが心から実感できて、驚きました。
それでも、吼児君の
「僕はライジンオーを信じるよ!」
が、しっかり響く己の心。
どうか、まっすぐ過ぎる吼児君の想いをきちんと受け止められる心であれますように。
私も
「私はライジンオーを信じるよ!」
と言えるままでありますように。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

水月夢名(みづきむな)

Author:水月夢名(みづきむな)
サークル:watermoon
水月夢名の同人情報の
発信基地になりつつあります。
最近一番ホットなのは
嵐の五人です。
連絡先
munamiduki☆yahoo.co.jp
(☆→@)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。